現在の仮想通貨の発展ステージは1992年のインターネットのようなもの。まだまだ初期の段階といえよう。大量のAPPがまだ実用の段階に至っておらず、仮想通貨の基礎部分の探求が将来のブロックチェーン業界の発展スピード及びその規模を決定するであろう。

NAS(Nebylas)という仮想通貨は現在過小評価されている通貨の一つだと思う。NASは現在の他の仮想通貨の技術の良いところを取り入れたのみならず、いくつかのイノベーションも起こしている。
現在はマーケットにおいても革命的な通貨だ。そのイノベーションが今後ブロックチェーン業界のリーデイングカンパニーのような存在になる可能性が十分ある。

NASは世界初のブロックチェーン業界の検索エンジンであり、self update、POD(proof of devotion)を応用している。ブロックチェーン3.0(第三世代)のプロジェクトである。

NASはどのような課題を解決できるのか?
1. NAS指数の構築(価値の判断を助ける)
いまどき、仮想通貨の数があまりにも多すぎて、投資家あるいは仮想通貨を使いたい人たちはどのプロジェクトが本当に価値があるのかわからないことが多いのではないか。NASの技術により、どのプロジェクトが一番大衆に受けているのかがわかる(どのプロジェクトのウォーレットのトランザクションが一番アクティブなのかなどなどの情報により)。
dyaf6ljq0w1518598811545


2. NASのself update
現在のブロックチェーン技術のcore protocalは基本updateをサポートできていないのが現状。smart contractもそうだけど、一旦設置するとupdateできないのが現状である。しかし、smart contractも人間がコーデイングして作ったもの、bugなどがないと考えること自体がおかしい。Ethereumも以前にコード上のbugにより、6000万ドルの損失を出したことがある。挙句の果てに、hard forkをせざるを得なかったのだ。Hard forkそのものはコミュニティの分裂をもたらすので、プロジェクトの生命にかかわる大事件ということだ。要はself updateできないプロジェクトは早かれ遅かれ淘汰されていくだろうということ。
NASはself update機能を装備しているので、core protocalあるいはsmart contractのupdate及び修復に使えるので、投資家のハッキングによる損失を防げることが一つ大きなポイントである。
yo7cvbpwev1518598833525

3. POD and DIP
NASはまた一つ斬新なルールを作った。それはPODである。要は優秀な開発者、優秀なsmart contractが報酬を受けられるようなprotocalを作ったということだ。このことはブロックチェーンのエンジニアたちにとって一つ大きな起爆剤になることは間違いなく、同時にNASの価値がその優秀なエンジニアたちの仕事ぶりにより、今後も上がると考えられる。
qvyti9m70c1518598850921


※NASのteam
NASのチームメンバーは大体Alibaba、Googleのような世界有名企業の元社員で、非常に優れているteamだといえる。
創業者のYiji Xuは長年にわたってブロックチェーン技術にかかわってきた方で、中国のブロックチェーン業界の始まりにかかわった一人の人物である。当初のAntShares(現在のNEO)にもかかわった人物である。
9b1elot5e81518598765332


まとめ
NASは非常に有望なプロジェクトであることは分かった。今後どのように発展していくか楽しみだね。現在取引所は主にSBIとも提携するとニュースになっているhuobiに上場している。ただし、投資はくれぐれも慎重に。

これからも更新をしていきますので、よろしくお願いいたします。

参照記事:http://www.chainfor.com/news/show/6539.html (链向财经(www.chainfor.com))